商品情報にスキップ
  • うなぎと天然鮎セット
  • 高級ギフトBOX無料
  • 風呂敷対応
  • 選べる風呂敷
1 / 2

池澤鮮魚オンラインショップ

【高知を贈ろう15選に選出】 仁淀川堪能セット うなぎ蒲焼き (150g)天然鮎(250g)セット 高知県産 国産 仁淀ブルーで育った鰻と友釣り鮎

通常価格
¥6,990
通常価格
セール価格
¥6,990
税込み。
梱包方法をお選び頂けます。
仁淀川の天然鮎とうなぎセット


身は柔らかく皮はパリッと


仁淀川の天然アユ

天然の鮎と蒲焼きうなぎ

ギフトや贈り物に

お客様の嬉しいお声

100%奇跡の清流仁淀川


池澤のうなぎが選ばれる理由


蒸しが入った柔らかい関東風


完全無投薬育成


仁淀川の友釣り天然鮎


仁淀ブルー

奇跡の清流仁淀川セット

ご自宅用エコ包装
贈答用ギフトBOX
メッセージカード無料
明細書は入れておりません。
発送時間

高知の老舗 大正八年創業の【池澤鮮魚】百年の集大成!
高知県産の鰻にこだわり、味と安全を探し求めた結果、完全無投薬ウナギにたどりつきました。

水質日本一の仁淀川の伏流水で、天然に近い環境で育ったうなぎは身が締まり、弾力がありながらも、ふっくら柔らかで皮目はパリッと焼き上げております。うなぎの脂で小骨を焼き切る池澤独自の製法で、お年寄りの方から、お子様まで安心してお召し上がり頂けます。

5年連続日本一の仁淀川の上流で釣り上げた極上の「天然鮎」は一匹一匹ベテランの川漁師が友釣りで釣り上げた希少な逸品です。キレイな水とキレイな餌(コケ)を食べて育った天然あゆは内蔵まで臭みがなく絶品です。


奇跡の清流「仁淀川」とは?

高知県の中部を流れる仁淀川は西日本最高峰の石鎚山に源流を発し、四国山地に深いV字谷を刻み込みながら南下し、124kmかけて太平洋に流れでます。
5年連続水質日本一を記録するなど、四万十川を凌ぐ清流「仁淀ブルー」として高知では呼ばれています。

仁淀川の鮎が美味しい理由は?

天然の鮎は岩や川底に付着している珪藻、藍藻などを食べています。天然あゆ独特のスイカの様な香りはこの珪藻を食べるから生じるのであって、粒状の餌を食べている養殖あゆにはありません。仁淀川の上流域には民家もなく、排水等も全くないので、他の川の天然鮎と比べてもこの餌のコケが良質なのです。この餌のおかげで、内蔵まで臭みのない美味しい天然鮎が提供できるのです。

美味しい鮎の塩焼き

1、まずは、魚焼きグリル(オーブントースターでも可)を予熱します。
2、袋から出した鮎を、水を入れたボールなどに浸けて半解凍にします。(約5分)
3、キッチンペーパー等で水分を拭き取ります。
4、鮎の両面に塩をまんべんなく振り掛けます。ヒレにはたっぷりと飾り塩をします。
5、弱火で両面を引っくり返しながら黄金色になるまで焼きます。(各10分位)
※アルミホイルを一度丸めてから敷くとくっつきにくくなります。

鰻のお召し上がり方

・関東風の食べ方
冷凍袋のまま湯煎で4-5分温めるだけですぐに解凍できます。ジューシーでやわらかい食感の関東風の出来上がりです。

・関西風の食べ方
同じように解凍したら、オーブントースターで2-3分焼き上げます。身はふっくら、皮はパリッと関西風の出来上がりです。
※アルミホイルを一度丸めてから敷くとくっつきにくくなります。



【内容量】
●天然アユ 約250g(4〜6尾)
●ウナギ蒲焼き 約140-150g
●秘伝蒲焼のたれ 30ml
【原材料】
・天然鮎(高知県産)
・ニホンウナギ(高知県産)
・秘伝の蒲焼きのタレ・・・醤油(小麦・大豆を含む)、本みりん、酸味料、砂糖、はちみつ、水飴、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、保存料(安息香酸Na)、甘味料(甘草)、鰻エキス

【賞味期限】
・発送日より冷凍で6ヶ月。
解凍後はお早めにお召し上がり下さい。

【保存方法】
・要冷凍(-18℃以下)



【配送について】
ヤマト運輸クール便※北海道・沖縄は別途800円頂戴致します


【販売者】
・〒780-0870高知県高知市本町2-19
      有限会社 池澤鮮魚


ギフト対応 ギフト対応

Customer Reviews

Based on 2 reviews
50%
(1)
50%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
阿由美 小林
お中元にしました

お中元としてお送りしたので、お味は不明で申し訳ありません。
でも先方からは喜んでいる礼状が届きました。

土佐魚カンパニー合同会社
高知好きにはたまらないセット!!!

昔高知に住んでいたことがあって、仁淀川の天然鮎を思い出して購入しました。懐かしい、スイカのような香りが最高でBBQでうなぎと一緒に楽しみました。お酒がどんどん進むセットですね〜もちろん土佐鶴で(笑)